img1-1

より多くのお客様に、上質なバッグを

「いい物づくりは、いい環境から」という思いから、3代目の濱野敬之が軽井沢に工場を施工したのは1967年のことでした。それまで職人の腕に依存していた生産工程を分業化して、機械設備を投入。安定した品質の高級バッグの量産化を、日本で初めて実現しました。



「匠の科学」による伝統と最先端の融合

「匠の科学」による伝統と最先端の融合

伝統を大切にしつつ、最先端のハイテク技術も積極的に取り込むのがHAMANOの姿勢。匠を科学することで、より進化した美しいバッグづくりが可能になると考えています。完璧なパターンメイキングを行える、最新のCAD/CAM システム導入もそのひとつ。



受け継がれる熟練の技術とホスピタリティ

受け継がれる熟練の技術とホスピタリティ

最新機械を導入する一方、肝心な作業を担うのはやはり熟練した職人の手。厳選された革は繊維構造など一枚一枚の手触りを確かめながら、丁寧にハンドカットされます。心を込めて最高級のバッグをつくる職人のホスピタリティは、昔も今も変わりません。



HAMANOが守り続ける木型の伝統

HAMANOが守り続ける木型の伝統

美智子皇后がご愛用のバッグやフォーマルバッグシリーズで採用しているのは、木型に革をあてて手作業で伸ばしていく製法。非常に手間がかかりますが、ミシン縫製では生み出せない独特の柔らかなシルエットにこだわるHAMANOは、貴重な伝統技術を守り続けています。



軽井沢とともに歩んだ歴史

軽井沢とともに歩んだ歴史

工場開設とともに、軽井沢の「顔」として親しまれてきたHAMANO。旧軽井沢の駅舎にはショーケースが置かれ、観光客の心を和ませました。軽井沢の上質なイメージを伝えるバッグは単なるファッションアイテムの域を超え、この地に根付いた「文化」です。



HAMANO is a registered trademark of TRliS Inc.