革の種類

ハンドバック・鞄の材料である革は様々な動物の皮からできており、種類や成長度合いによって細かく分けられています。
ここではHAMANOのバッグに使用される主な革の種類と特徴をご紹介します。

牛革

カーフ(仔牛)
生後6ヶ月ぐらいまでの 牛の革。薄くてキメが細かく、しなやかな手触りが特徴です。牛革の中で最高級とされています。
キップ(中牛)
生後6ヶ月から2年くらいまでの牛の革です。しなやかさはカーフに劣るものの、キメが細かくキズも少ないためカーフについて上質とされています。
成牛革
充分成長した牛の革です。厚くて強く、耐久性があり、サイズも大きくとれるので、様々なタイプのバッグに適しています。成育状況に応じてカウハイド、ステアハイド、ブルハイドなど種類があります。

羊革

ラム(子羊)
羊の中でも生後1年以内の子羊革をラムスキンといいます。柔らかく、肌触りが滑らかな高級革です。成育した羊の革はシープスキンと呼ばれています。

山羊

ゴート
山羊の革は、柔らかく薄い上に、丈夫で型崩れしにくいのが特徴です。表面には独特のシボが見られます。

ワニ

クロコダイル
ひと目で分かる独特の美しいウロコ模様が特徴です。貴重な素材のため大変高級な革です。ワニ革ではクロコダイルの他、アリゲーター、カイマンなどの種類が有名です。

トカゲ

リングマークリザード
トカゲは総称してリザードとも呼ばれており、爬虫類の中ではワニ革についで珍重されています。リザードには様々な種類がありますが、細かな輪模様が特徴的なリングマークリザードは最高級のものとされています。

パイソン
ヘビの中でも日本名でニシキヘビと呼ばれるものがパイソンです。ウロコ模様とまだらの色合いが独特の魅力を持っています。特にウロコ模様が 形のものはダイヤモンドパイソンと呼ばれ大変人気があります。

ダチョウ

オーストリッチ
「クィルマーク」と呼ばれる独特の突起模様が特徴的です。一体の中でもこの模様が美しく出ている部位が限られており、爬虫類と同様に高級な素材です。
HAMANO is a registered trademark of TRliS Inc.